2021.4.9

共同でアトリエを借りて制作をしているエリカとリンをふくめて、私たちのうち八人が自営業や自由業をやっていて、平日とかの暦にもとづいた生活をしているのは私の恋人だけだ。彼女にしても、世界のあちこちの時間に合わせてやりとりをしていて、いくつもの時間軸で生きているふしがあり、私たち九人の会合は、なんだかまとまりもなく、ふわふわと時間の間を漂うようにしてつづき、それがとても居心地よい。