2021.10.13

 そうしているとまたインターフォンが鳴り、別の運送業者が宅配便を持ってくる。連休最終日に文学フリマがあって、私は知人のブースを冷やかしに行った。パンデミックがはじまってから、文学フリマは一度の中止を挟んでそれが四度目で、私にとっては二年半ぶりだった。買った物が多すぎて持って帰るのが億劫だったから、終了後の片付けまで手伝って、新居宛に宅配便で発送したものが届いたのだった。受け取って引っ越しの荷物とまとめて置いて、そうこうするうちにニトリの通販と連休中に港北のイケアで買ったものも届き、私が引っ越しのドサクサに紛れて買ったブックオフオンラインが届き、引っ越し作業をしてるのを見たからか新聞と宗教の勧誘まで来て、何が何だかわからなくなって、私たちは、荷物をぜんぶそのままにして散歩に出た。