2021.6.1

 では改めて、と向き直った私に、恋人は──みやびさんは、火が消えて黒ずんだ花火をケーキから抜き取って、ていうかさ、と言う。わたしたち、つきあってたんだっけ。